きたがわ鍼灸指圧院

横浜市、横須賀市、葉山町、逗子市の鍼灸マッサージによる在宅リハビリ・マッサージ

平 日(月~金)

訪問9:00~19:00 外来16:00~19:00

土 曜

訪問9:00~18:00

休 診 日曜・祝日(研修日で休診あり)

ブログ

代表者ブログ

地域ケアプラザで指圧マッサージ教室を開催(2019.7)

更新日:2019/12/13

こんにちは。

代表の北川です。

 

7月末に、金沢区内の地域ケアプラザのイベント内で指圧マッサージ

教室を金沢区内の由緒あるお寺で開催してきました。

ここ数年、地域密着型の施術所として教室を行っていますが、思って

いたよりも最近の70代、80代はかなり元気で驚きました。私どもは、

日常的に施術をする方々は寝たきりや、歩行困難の方が多く、自立歩

行できる方を診ている為でしょうか、すこし感覚が違っていました!

 

この日は、今年は梅雨明けの真夏日で体に響く気温で33℃!

炎天下の中でも沢山のご高齢者の方にご参加頂きました!

 

 

プログラムは、「梅雨明けの体の怠さ対策のツボの指圧」を4つ。

皆さんの熱気とパワーがすごかったです。

逆に、参加者の方々から元気をもらいました。

 

 

時間は45分ほどでしたので、日差しを遮るものがなくてとにかく

暑かったです(^^;

これからも金沢区内で定期的に開催します。

ではまた書きます。

 

代表者ブログ

「医療介護事情見学ツアー」inバンコク その3

更新日:2019/06/10

こんにちは。

代表の北川です。

 

バンコク見学ツアーの続きです。

あっという間に最終日を迎えまして、充実したタイ出張でした。

 

④シリラート博物館

我々鍼灸あん摩マッサージ指圧師は、医療従事者として養成学校に通いますが、

解剖学実習が3年間の学生生活で行く機会があります(学校によっては無い所もあり?)。

いわゆる、「人体解剖実習」です!

僕も鍼灸学生の2年時に大学病院の解剖学実習室で経験しました。

今回は、世界的にも有名な博物館に行くことができました。

 

「シリラート博物館」

 

バンコクのシリラート病院内にあり、タイ国内最大最古の病院です。

敷地面積は東南アジア最大であり、タイ国王・プーミポンことラーマ9世が2009年に入院し、

2016年10月13日に88歳で崩御した病院でもあります。

 

観光地ですので日本語表記もあって安心です。

 

 

博物館は「解剖・災害・寄生虫」などいくつかのセクションに別れています。

 

とにかく、規模が大きかったです!!

 

法医学博物館(シーウイ博物館 日本では「死体博物館」の異名で知られる)

解剖学博物館

寄生虫博物館

病理博物館

タイ医学歴史博物館

日本にはこれほどの博物館はないです。

 

「人体の不思議展」とは比にならないです!!

 

ショッキングで驚くような写真や標本が沢山あり。とにかく規模と標本の

 

数に終始驚いていました。

 

写真を載せたいところなのですが…。

 

殆ど載せられないものばかりで。行けば分かります。

 

載せられません。

 

また、見学終了後にふと思ったですが、

 

博物館内のスタッフさんは全員女性でした。

 

こういうところも女性はやはり強いなーと思いました。

 

医療関係の学校に通われている学生さん、

学校の実習なんかよりよっぽど勉強になりますよ。

 

真っ先にバンコクに行ってこの博物館に行くことをお勧め致します。

 

 

⑤面白い発見を2つ

 

★ひと昔前に日本ではやった白物家電が使われている

 

写真のピンク色パッケージはひと昔前に日本でヒットしてました

「炊飯器」です。

これが、タイでは飛ぶように売れてるみたいです。

日本米と違い、タイ米は水分が少々少ない為、タイ製の炊飯器より、

日本の炊飯器で炊くと美味しく炊けるそうです!

 

僕が小学校の頃?だったでしょうか、この様な花柄の炊飯器は

実家で使ってたと思います。

 

ドライフルーツの種類が何処にでも売っていてとにかく美味しい!

 

とある、スーパーマーケットのドライフルーツ売り場です。

ドライフルーツコーナーが設けられているのは当たり前の様です。

その品数が写真のとおりすごく多いのです。

 

一緒に参加した先生方も、日本へのお土産を買う際に沢山買ってました。

 

 

 

この66バーツの筒状の(ウ〇コみたいな)商品もドライフルーツで、これは

木の実だそうです。

ウ〇コ似ていたので僕はかいませんでしたが、タイでは有名とのことで、

会社のスタッフにも無難なバナナやパインアップル、マンゴーのドライフルーツを

お土産に買って帰りました。

どれも評判でよかったです。

日本では味わえないということでした。

 

以上

タイ出張レポートでした。

ではまた書きます!

 

代表の北川より。

代表者ブログ

「医療介護事情見学ツアー」inバンコク その2

更新日:2019/06/06

こんにちは。

代表の北川です。

2日目と3日目は医療関係事情の見学に。

具体的にはリハビリテーション、タイにおける鍼灸マッサージの臨床実習でした。

 

③タイの理学療法専門病院で鍼灸治療を見学

前のブログでお伝えしましたが、タイのおいての訪問医療サービスを受ける際は、

国民皆保険制度はない為、自費でサービスを受けています。

その訪問マッサージ現場を2日間同行させて頂き、タイにおける日本式訪問マッサージの現場を

見学。

そして、今回の見学ツアーを組んで下さった私の大先輩であります、鍼灸マッサージ師のN先生が

業務提携をいち早く締結された、タイ資本の理学療法専門病院を見学出来ました!

 

この病院には、外国人の優秀なスタッフが複数在籍しており、タイの有名医科大学卒の理学療法士

さんや、上海の有名医科大卒の鍼灸師さんもおられました。

 

優秀な鍼灸師さんの鍼灸治療を間近で見学できました。

 

 

④日本資本の外来リハビリテーションクリニックを見学

 

バンコク中心部から徒歩圏内の好立地のロケーション。

通院でリハビリができる医療施設はタイにはまだ少ないようです。

施設内も清潔できれい。

リハビリ器具も沢山揃っていました!

 

 

とにかくきれいな施設でした!

 

理学療法士の日本人スタッフさんが丁寧に医院の説明をして下さいました。

 

日本においては日々、保険治療を黙々とこなしておりますが、

現場を離れて、会社の事、今後の事業展開のこと、自己を見つめ直すことは

大切だなと思います。

遠くから仕事を見つめなおすと、冷静に色々と考えることができました。

また、

タイの高齢化社会における、日本式の医療と介護の可能性も同時に感じることが

できました。

 

次回は最終日のツアーを記します。

お読み頂きありがとうございます。

ではまた。

代表の北川より。

 

代表者ブログ

「医療介護事情見学ツアー」inバンコク その1

更新日:2019/05/31

こんにちは!

代表の北川です。

 

金沢区を飛び出しまして、5/23から5日間、タイのバンコクへ視察出張に行きました。

鍼灸あん摩マッサージ指圧師になって以来、訪問マッサージ事業を開始して以来、

初海外視察です!

僕自身のタイへの渡航は、3回目で、最初はバックパッカーをやっていた、大学生の頃、

2回目は鍼灸学生だった2006年、そして今回13年ぶりの渡航でした!

とにかく、暑かったぁ~~、

と言いたい所ですが、昨今の日本も温暖化で僕も暑いのに慣れてしまってますので

35℃でもあまり辛くなかったです!

湿度もあまり日本と変わらずでした。

 

きたがわ鍼灸指圧院を横須賀で立ち上げて以来、12年目に突入しました。

東日本大震災が起きて以来、社会保障費でお世話になっております我々医療業界(鍼灸

指圧院)は大変状況が変わってきてました。

「周りの同業者と同じことやっていては当院に将来はない!」

と日ごろから思ってました。

大学時代、バックパッカーをやっていた私はいつか「海外で医療従事者として活躍したい」

と思っていました。

今回、ご縁あってタイへ視察ツアーに参加出来たのも日頃からの思いがあっての事です!

 

①ナーシングホーム(介護付有料老人ホーム)inバンコクへ見学

日本では、1970年に高齢化社会、1995年に高齢社会、2007年に超高齢社会となりました。

今回訪問しましたタイは、2015年に高齢化率は11%となっており、高齢化社会から高齢社会へ

の入り口に差し掛かってます。また、世界銀行(WorldBank)の予想では、タイは2050年までに

高齢者が30%を超え超高齢社会になるそうです。

人口に占めるタイの高齢者の比率は日本に比べると低いのですが、問題はその高齢化の速度です。

日本が高齢化社会(1970年)から高齢社会(1995年)への移行に25年を要したのに比べて、

タイではなんと、高齢化社会(2002年)から高齢社会(2022年:国連予想)と20年で達すること

が予想されるそうです!日本を上回る急激な速度で高齢化が進んでいるみたいです。

これを読んで頂いてる方は当たり前にご存知だと思いますが、タイには国民皆保険制度はもちろん

ありません。

 

2階建て、20床のアットホームなホームでした。

この様な小規模のホームは、中間層向けでありタイ国内ではブームであるようです。

中に入ってみますと、とっても優しいヘルパーさん達が働いており、見学した私達がその笑顔に癒さ

れてました!

ホームの経営者さんは、叩き上げの看護師さんで、近所に数棟立ち上げておりここまで起業された

大変努力家の女性経営者さんです!

見学後、ご自宅へお招き頂き、情報交換会をして頂きました。

お土産まで頂き、充実した時間でした!

 

②高齢者向け複合住宅事業「ジン・ウェルビーイング・カウンティー」ヘルスケア施設のモデルルーム見学

タイの私立病院経営グループが開発する、投資総額は100億バーツ(約327億円)超のバンコク首都圏で

最大規模の施設を見学してきました。

第1期のその戸数はなんと1300戸~!!

タイも、高齢化が急速に進んでるのだなあと実感します!

中所得者層の需要が凄くあるようです!

住宅は1~2ベッドルーム(43~63m2)の大きさ。

価格は、380万~630万バーツ(円換算で1300万~2,170万):

頑張れば日本人でも買えそうな値段??

僕も、将来はタイで高齢者生活を・・・。

色々考えさせられました。

 

ご参考までにURL貼り付けておきます。

http://www.jinwellbeing.com/jp/home/default.aspx

 

以上出張レポートその①でした。

続きはその2で書きます!

代表 北川より

代表者ブログ

ケアマネジャー会に参加

更新日:2019/04/15

代表の北川です。

先週末に、いつも仕事を頂いている金沢区のケアマネージャーさんからご紹介頂いたケアマネさんの集まりに

参加してきました。

集まった人数は、

総会100名ほど、懇親会45名!

横浜市の介護保険の事業者同士の繋がりに厚みがあることに驚き。

 

初めて参加した感想としては、

 

「われわれ訪問マッサージ業界よりも横の繋がりが強くてビックリ!!」

 

でした。

ケアマネさん同士で旅行のいったり、飲みに行ったり、遊びに行ったり。

こういうフランクな横の繋がりが強いと、利用者さんをケアマネ同士で紹介しあったり、地域でしかわかり

合えない情報交換をしたりすることが自然とあるのだなあと。

その結果、地域の方にとっても、利用者さんにとってもいいことばかり。

私たち訪問マッサージでも、利用者さんから相談されたら、主体的にケアマネさんを探すことができたり…。

3時間余りでしたが、終始そんなことに感心していました。

 

医療介護連携が叫ばれている中、訪問マッサージ業界もケアマネさんを見習って横の繋がりを強化してやっ

ていくことが大切だなと…。

事業主としてそんなことを考えされられたいい機会でした。

 

また書きます!

 

 

代表者ブログ

金沢区で再スタート!

更新日:2019/03/27

代表の北川です

2019年より、横浜市金沢区での営業を開始いたしました!

きたがわ鍼灸指圧院は、横須賀中央駅から産声を上げて12年間三浦半島を中心に営業しておりましたが、スタッフ全員の頑張りで8名まで増えました。

所在地をお隣の横浜市金沢区に「横浜六浦本院」として再スタートすることとなりました。

横須賀本院につきましては、大所帯になったこともあり、今後は

「横須賀汐入分院」と「横須賀大津分院」として再スタート致します。

引き続き、横須賀市内、横浜市内でも頑張って皆様のお力になれます様にスタッフ一同治療に専念して参りますので宜しくお願い致します。

このブログは皆様のお役に立つリハビリマッサージの内容や、スタッフの事が垣間見れる様な内容で更新します。

なお、きたがわ鍼灸指圧院では、訪問マッサージ利用者様に新しい取り組みを開始してます。

お楽しみにして待っててくださいね。

また書きます!

top

Copyright © 2016 Kitagawa Acupressure Acupuncture Institute All Rights Reserved.